OUTDOOR-PRESS

キャンプと登山をメインとしたアウトドア情報を発信するブログ。道具の紹介から使い方、メンテナンス。また、アウトドア料理からファッションまで幅広く情報をお届けします。

キャンプレポ

ベテランソロキャンパーのキャンプスタイル。〜キャンプを教えてくれた人〜

投稿日:2017年3月27日 更新日:

世界最大級の品揃え!
アウトドア用品とフィッシング用品の専門店
【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

ベテランソロキャンパーのキャンプスタイルとは・・・

ブログに載せますよ?写真撮ります♪

「おーいいよー♪」と答えて下さった、私にキャンプの楽しさを教えて下さったFさんのキャンプスタイルをご紹介したいと思います。

テント・タープはこちらを使用しておられます。

オートキャンプスタイルですが、自分のやりたいことがしっかりしてあります。

流行りにばかり走らず、独自のスタイルを持っておられます。ダンロップのテントは、昔の憧れのテントだったと教えていただきました。

カラーもナチュラルにまとまっていますね。

焚き火の時間をとても大切にされている方ですので、コットン素材のタープをカスタマイズされて使われていました。

設営は小川張りで

小川張りのタープの下にダンロップのテントを設営、リビング空間も広々。

木製のゴミ袋掛けもおしゃれで整理されてます。

ホームセンターで手に入るもので作ったという小川張りのシステム。よく考えられてます。引き出しが多いですね♪

小川張りとは?

小川張りの小川とは、100年の歴史を誇るテントメーカー「小川キャンパル」のヘキサタープとドームテントが隣接した設営方法のことです。

写真の通り、テントからタープ下のリビング空間にすぐアクセスできる。

システムとしては、一つ上の写真の赤い部分で、この部分の下にテントを設営することにより、テントの出入り口からタープのリビング空間となる。

このシステムがない場合は単なるタープの下にテントを設営した状況になり、タープ下のリビング空間が狭くなる。

キッチンも、朝食もオシャレに

キッチンも綺麗です。朝食がおしゃれです♪

この横で、私は・・・

朝カレー・・・恥ずかしい・・・

炭消しとダストエリア。この木製スタンド素敵ですね。

こだわりの焚き火グッズ

焚火関連グッズも充実。薪は色々な種類を持参されてました。

薪を入れてるバッグもいいですね。

火吹き棒も、夜には活躍してました。(私の持参した薪が乾燥不十分で中々火がつきませんでした。)

リビング空間はウッドテーブルで

リビングのウッドテーブルには、マットを引きおしゃれです。シガリロがありますね。

BOSEのサウンドリンクとipod miniも完備、除菌と書かれたのは、ウエットティッシュです。

シュラフを干しながらのモーニングタイムです。

このシュラフは初めて見たので、また買ったな・・・と・・・笑

久々に一緒にキャンプをして(まとめ)

今回は各自ソロスタイルで!とのことで、ソロキャンプスタイルで3人が集まりました。

なので真ん中に焚き火スポットを設け、それを囲むようにテントを設営しました。

焚き火だけ共有スタイル。

とても気楽でした。

キャンプスタイルは人それぞれです。色々なタイプを見て、自分のスタイルを作っていくのも楽しいですよね。

色々と参考になります。

ウッドテーブル欲しいな〜・・・・

世界最大級の品揃え!
アウトドア用品とフィッシング用品の専門店
【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

 

-キャンプレポ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏本番前の三連休に洞川キャンプ場に行ってきました。

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】 目次1 久々のキャンプは洞川キャンプ場のオートサイトへ1.1 キャンプブームはすごい・・・1.2 相方さんのテントの設営に手間取る1.3 お昼はうな丼1.4 お昼 …

またまた笠置キャンプ!安いから気軽に行けちゃう♪

目次1 関西の格安キャンプ場の聖地!笠置キャンプ場2 今回のキャンプスタイルは・・・ 関西の格安キャンプ場の聖地!笠置キャンプ場 3/19〜3/20にまたまた笠置キャンプ場に行ってきました。 こちらの …

関西激安キャンプ場の聖地!笠置キャンプ場はこんなところ。

目次1 激安キャンプ場、笠置キャンプ場とは・・・1.1 笠置キャンプ場の場所1.2 笠置キャンプ場の設備1.3 利用するにあたり注意する点 激安キャンプ場、笠置キャンプ場とは・・・ お手軽なお値段でキ …

笠置キャンプ場でムササビ再び!

久々に、ムササビタープてキャンプしてきました。 京都府の笠置キャンプ場です。 入場時に係りの方に料金を払って入場します。こちら笠置キャンプ場は1日300円1泊なら600円です。格安ですね♪ 今回は河原 …

GWは京都の丹後へキャンプ!〜遊キャンプ場〜

目次1 どこに行っても混雑のゴールデンウィークにキャンプに行ってきました1.1 予約不可、当日受付の遊キャンプ場1.2 ファミリーキャンプの設営1.3 お食事は焼もの・・・1.4 日が落ちる前の儀式1 …

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031