Outdoor Press
Camp & Trekking
登山

アルパインクライミングを映画「MERU」を見て勉強してみました。

登山・アウトドア・スポーツ専門店【ICI石井スポーツ】

何千メートルという高い山を登る、アルパインクライミングとはどうゆうもの?

1000メートル前後の低山を登るのにすっかりハマってしまった私ですが、登山についてはまだまだ知らない事ばかり。雑誌を見たりDVDを見たり、山岳小説を読んだり色々していますが、わからない事ばかり。

そんな時に、実際にアルパインクライミングをしているのをドキュメンタリー映画にした「MERU」(メルー)がDVDでリリースされているのを知り、見て見ました。

アルパインクライミングとは?

そもそもアルパインクライミングとはどうゆうものでしょうか?

直訳すると、「ヨーロッパアルプス風の山登り」という事になり、いまいちわかりにくいです。

通常、山岳地域における岩壁登攀を意味するそうです。

中々想像しにくいと思います。現に山岳小説の「灰色の北壁」を読んだ時にも、想像できなかったのでわかりにくいことがありました。

山岳小説を読むにしても、アルパインクライミングがどういうものか知っている方が、もっと小説に入り込めて楽しめると思います。

そのアルパインクライミングがどういうものか、一番わかりやすいのは、アルパインクライミングを実際にしているところを見るのが一番わかりやすいと思います。

それができるのが、映画「MERU」です。

映画「MERU]とは?

2016年12月31日に公開された映画「MERU」はアメリカで製作された映画でキャストはコンラッド・アンカー(クライマー)ジミー・チン(監督、プロデュース、撮影)レナン・オズターク(撮影)3人とも素晴らしい登山家です。

この3人がヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁に挑むドキュメンタリー映画です。

映画館での上映は終了したようですが、DVD・ブルーレイで発売されています。

映画「MERU」あらすじ

ヒマラヤ山脈メルー中央峰にそびえる岩壁「シャークスフィン」。この難攻不落の直登ダイレクトルートに挑んで敗れた3人の一流クライマーが過去の葛藤を乗り越え、再び過酷な大自然に立ち向かっていく姿を描いた、壮大なスケールの山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。

「登山の映画じゃない。登山家の映画だ。」

とあるように、有名な俳優をキャストして作ったものではなく、3人全てが、一流クライマーである。

メルー中央峰にそびえるシャークスフィンのダイレクトルートは、クライマーにとって究極の勲章となり得る難攻不落の岩壁。過去30年間、一人の成功者も出していない、もっとも困難な直登ルートである。

手強い難所が連なる6500メートルの峻峰は、百戦錬磨のクライマーにとっても悪夢でしかなく、だからこそ挑戦意欲をかきたてる。

90キロの登攀具や食料の入った荷物を背負い、雪と氷と岩に覆われた1200メートルのテクニカルな山肌を登攀することは、チャレンジの入口でしかない、真のシャークスフィンが姿を見せるのはその先。

それはクラックや足場がほとんどない、垂直にそびえる花コウ岩で450メートルに及ぶ文字通りの「壁」だ。

これまでに多くの優秀なクライマーたちがその壁に挑み、敗れてきた。

2008年10月、コンラット・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑戦。

7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、難攻不落の山頂まで残りわずか100メートルのところで失敗に終わった。

敗北感にまみれた3人は、二度とメルーには挑まないと誓い、普段の生活に戻っていく。

ところが、故郷に帰った途端、肉体的にも精神的にも苦しい数々の苦難に見舞われる。

一方、心の中のメルーの呼び声が病むこともなかった。

そして2011年9月、コンラットは親友2人を説得し、シャークスフィンへの再挑戦を決意。

それは前回以上に過酷なチャレンジとなった・・・

あとは、ぜひご自身で視聴してお楽しみくださいね。

臨場感溢れる映像がどのようにしてクライミングしているのかわかりやすい。

シャークスフィンの映像を少しだけ。大きなモニターで見ればかなりの迫力だと思います。とても綺麗です。

食事の様子もわかります。

クスクスです♪

登攀中の映像は必見です。登っている様子がまじかで見れます。

映画「MERU」感想まとめ

キャストが一流のクライマーということで、臨場感はバッチリです。

一度目の挫折も痛いくらいにわかります。

先に山岳小説を読んでいて、わからないことが、目の前で繰り広げられ、非常にわかりやすかったです。

どうぞ、時間があり、山に興味がありましたら、ぜひご覧ください。

先に山岳小説を読んで、ピン!とこないことがいくつかありましたが、映画「MERU」を見てどのようにして登っているのか、また、雪崩とはどうゆうものなのか、装備はどうゆう感じかが、わかりやすくて「あ!これ・・・山岳小説で読んだあのことかな?」と思い返すきっかけになりました。

アルパインクライミングがどういうものかというのがわかったので、今までよりもっと山岳雑誌も楽しめると思います。

そして、何よりも山の厳しさがわかりました。

登山に興味がある人はぜひご覧ください。

素晴らしい映画でした。

↓価格・在庫確認はこちら↓