Outdoor Press
Camp & Trekking
キャンプレポ

お盆休みは、穴場キャンプ場の鳥取池緑地桜の園でファミリーキャンプ⑴。

お盆はどこのキャンプ場も予約でいっぱい・・・キャンプに行きたいけどどうしよう・・・

2017年の夏もそろそろ終わりに近づいてきました。

まだまだ暑い日が続いていますが、体調に気をつけてアウトドアを楽しんでおられますか?

さて、今年のお盆休み前半は、天気も良く、絶好のキャンプ日和となりましたね。

私も家族とキャンプを楽しむことができましたが、キャンプ場はどこも予約でいっぱいで危うくお盆を自宅で過ごすことになるところでした・・・

キャンプ場の空きを探しますがなかなかありません。

そこで、民間が運営するキャンプ場ではなく、市町村が管理するキャンプ場は空いてないか?と思い連絡すると普通に空きがありました。

今回は大阪府阪南市が管理・運営する「鳥取池緑地・桜の園」を利用してファミリーキャンプをしてきましたので、その模様をお伝えします。

「鳥取池緑地・桜の園」の場所は?

住所:大阪府阪南市桑畑548-19

大阪府の南部、関西国際空港の近くの阪南市の南部、和歌山県との県境の近くの鳥取ダムの下にあります。

アクセスは・・・

大阪市内方面より阪神高速湾岸線・阪和自動車道泉南インターより第二阪和国道(26号線)を利用し幡代北交差点を和歌山方面へ。

次の幡代交差点をすぎると側道へ、そのまま側道を進み石田ランプも側道へ進み、突き当たりを左折して細い道(途中より未舗装)を進む。

(大阪市内よりおよそ90分)

*鳥取池緑地・桜の園付近の道は未舗装で狭いため、走行に注意が必要。(すれ違い困難)

付近の状況

・スーパー、ドラッグストアなどのお店は、鳥取池緑地・桜の園から10分くらいの石田ランプ付近にあります。

・農産物直売所もあり

・スーパー銭湯が幡代交差点を和歌山方面に一つ進んだ桜ヶ丘の交差点にあります。(お帰りの際にどうぞ)

・海産物などは阪神高速湾岸線泉佐野北インターを降りてすぐの、泉佐野漁港の青空市場が便利です。色々な海産物があります。

・鳥取池緑地・桜の園は電波は入らなかったです。(au/iphone)

「鳥取池緑地・桜の園」設備

それでは、キャンプ場の施設や設備をみて行きましょう。

こちらが施設配置図です。

テントサイトは6箇所ありかまどが8あります。

キャンプファイヤー場もあります。

実際の画像と見て行きましょう。

キャンプ場入口からキャンプ場内を見た感じです。

草も刈られていてスッキリしていて、意外と広いなあというのが最初の印象でした。

そのまま左側に目をやると、一段高くなったエリアがあります。

こちらがテントサイトになるのですが、木々のかげがありとても涼しいです。

大阪ですし、そんなに標高もないので暑いのは覚悟できましたが、とても過ごしやすかったです。

テントサイトに上がったところです。

木のテーブルと椅子がいくつかありますので荷物を置いたりできて便利です。

テントサイト奥です。

東屋のような建物が、施設配置図にある展望施設です。

テントサイトも6スポットと考えるとゆったりしていてちょうど良い広さだと思います。

入口から向かって右側に炊事場があります。

洗い場の水は出るのですが、貯めている水を使っているようで、「この水は飲めません」の表示。

飲用水は別途用意が必要です。

洗い場の両サイドにはかまどがあります。

調理関係は一気に炊事場でできる仕様となっております。

テントサイトと炊事場との真ん中にファイヤースポットがあります。

石が積み上げてあって、キャンプファイヤーを楽しめるようになっています。

他の利用者がいなければ、独り占めして直火焚き火を楽しむもよし、他の利用者がいれば、話し合いで時間を決めて使えそうです。

かなり大きいので、せっかくだから一緒に楽しむのもいいかもしれませんよ♪

なかなか直火で焚き火をできるところはないですからね。

入口入ってすぐの左手にトイレがあります。

向かって左側が男性用。右側が女性用で、真ん中が車椅子専用となっており、水洗ではありません。

掃除はされていて綺麗ですが、男性用、女性用は和式です。

和式が苦手な方は真ん中の車椅子専用をどうぞ。洋式となっております。

トイレットペーパーは完備されていましたが、一応持参をお願いします。

夜は早い時間に消灯となるため、ヘッドライトがあった方がいいと思います。

以上が「鳥取池緑地・桜の園」の施設・設備となります。

利用方法

料金

無料です。

申請

利用については、以下の場合は申請が必要です。

・テント等を設営する場合

・火気を使用する場合

・その他(教育委員会が使用許可を必要とするもの)

申請方法

申請方法は、市役所窓口で申請書を記入の上提出する。もしくは阪南市のホームページから使用許可申請書をプリントして必要事項を記入の上、送付する。

各方法で申請すると、使用許可書が発行されるので受け取ります。

郵送で申し込んだ場合、使用許可書を取りに行ける場合は取りに行く。

郵送の場合は返信用封筒を同封しておきます。

申請受付期間

月の1日より使用日の7日前まで受付

問い合わせ先 送付先

阪南市役所 生涯学習部 生涯学習推進室

〒599-0292

大阪府阪南市尾崎町35-1

電話:072-471-5678(代表)

Eメール:s-gakusyuu@city.hannan.lg.jp

阪南市ホームページ http://www.city.hannan.lg.jp/kankou/shisetsu/1469422865460.html

鳥取池緑地・桜の園まとめ

まず、市町村管理のキャンプ場なので、あまり手入れされていないのかと思っていましたが、草も刈られていて、炊事場、トイレも綺麗に清掃されており、とても気持ちの良いキャンプ場でした。

広さもあり、適度にプライベート空間を保てると思います。

炊事場の水は飲めませんので、飲用水の用意が必要ですが、付近にスーパーなどが充実しており買い忘れでも対応することができます。

少しハードルが高いのが申込方法ですが、締め切りが一週間前ということなので、他のキャンプ場の予約よりは少し余裕があると思います。

利用したのは2017年の8月12日と13日のお盆期間中でしたが、他にデイキャンパーが1組いただけで、夜からは貸切でしたので静かにキャンプを楽しみたい方にはぴったりだと思います。

阪南市役所まで出向ける方は申請しやすいですが、遠方の方は郵送での申込が便利です。

少し手間ですが、利用料金が無料ですので、早めに申請しておきましょう。

夜は早めに消灯して真っ暗になります。

階段などもありますので、ヘッドライトや懐中電灯などの灯を準備しましょう。

キャンプ場までの道が狭くて未舗装です。

すれ違いできない箇所が多数ですので、充分注意して走行してください。

過度に車高を落としている車は通行できない場合があります。

炊事場の水が出っ放しにできない構造になっているので、洗い物をする時が不便です。

二人1組で、水を出す係りと洗う係で洗いましょう。(行って見るとわかります。)

個人的に、またリピートしたいキャンプ場です。

春にはその名(桜の園)通り、桜がとても綺麗なキャンプ場です。

火気やテント類を使わなければ、申請しなくても利用できるので、お花見シーズンはお弁当を持って花見に行く人も多いそうですよ。

以上、「鳥取池緑地・桜の園」まとめでした。

 








おお