Outdoor Press
Camp & Trekking
キャンプアイテム

アウトドアでも美味しいコーヒーを!ドリップポットで簡単に本格的ドリップコーヒーを入れよう

いい景色や時間を楽しみながら頂くアウトドアのコーヒーも、少しこだわって美味しく入れたい。

登山でいい景色の場所を見つけた時。山頂に登頂した時。キャンプで設営を終えて、ひと段落した時。早朝に目覚めて静けさの中、鳥の鳴き声だけが響いている時。

アウトドアをしていると、素敵な時間が訪れます。そんな時、私は美味しいコーヒーを飲みながら、その素敵な時間をじっくり味わいたくなります。

そんな素敵な時間だからこそ、ひと手間かけて美味しいコーヒーを入れようと、コーヒー豆を買って持って行ったり、ハンドミルやコーヒーバネットを購入してハンドドリップに挑戦したりしています。

あわせて読みたい
ハンドミルで、至福のコーヒータイムを♪ 挽きたてのコーヒー豆を使うと美味しいコーヒーが飲めるのでは? キャンプ場に到着し、テントを設営して一息いれるとか(私は...
あわせて読みたい
超コンパクト!ユニフレームコーヒーバネット [ad#add1] 山に登るのに、道具はなるべくコンパクトで軽い方がありがたいですよね。 バックパックに入れる道...

ハンドドリップってやってみると、すごく難しい。ケトルでお湯を沸かして、お湯を注ぐとドバッと一気に出てしまう事がほとんどで、なかなかうまく入れる事ができません。

とあるアウトドアイベントに取材に行った時に、カフェブースがあって、ドリップコーヒーを入れているのをじっと見ていました。

注ぎ口の細いドリップポットにお湯を入れて、細い線で、狙ったところにお湯を注ぐ姿がカッコよくて、大事に大事にコーヒーを抽出しているコーヒーがとても美味しそうに見えました。

その時に、ドリップポットがあれば、もっと簡単にハンドドリップで美味しいコーヒーが入れれるのではないかと思い、アウトドアでも使えそうなドリップポットを探してみました。

 

ドリップポットってそもそも何?

ドリップポットとは、その名の通り、コーヒーをドリップする時に使うポットで、注ぎ口が細いのが特徴です。

この細い注ぎ口によって、上手にドリップする事ができます。注ぎ方によってコーヒーの味が変わるのです。

ヤカンやポットなどで、コーヒーをドリップすると、一気にドバッと出てしまう事があります。そうなると、コーヒーをうまく抽出をする事ができません。ドリップポットはそうならないように、お湯を少しづつピンポイントで注ぐことができるのです。

コーヒー豆の香りを十分に引き出す点でも、ゆっくりと少しづつ注ぐ必要があります。

コーヒーをドリップする際の温度も重要な要素で、沸騰したてより、すこし冷めたくらいがよい温度とされています。ドリップポットは直接火にかけるのではなく、沸騰したお湯をドリップポットに移して使うため、移し替えた頃合いが丁度よい温度になります。

まさに、コーヒーを美味しく入れる事に特化したポットがドリップポットという訳です。

 

アウトドアでも使えそうなドリップポットを探してみました

たくさんあるドリップポットの中から、アウトドアでも使えそうなコンパクトで比較的安価な物を探してみました。

登山にも持って行けるような1人用のドリップポットをイメージしていたのですが、たくさんあり迷いました。なるべくシンプルな物をチョイスしてみました。

Lautechcoコーヒードリップポット350ml。お値段は1,689円でお手頃価格。シンプルでスタイリッシュなデザインがカッコいい!カラーはシルバーとブラックの2色ありましたが、迷わずシルバーをチョイスしました。他のアウトドアアイテムもシルバーが多いので合わせやすいです。

350mlのほかにも250mlがあり、こちらもシルバーとブラックの2色で1,489円。

サイズ・・・350ml:高さ77mm直径68-93mm 250ml:高さ72mm直径61-73mm

ステンレス製でお湯を入れる開口部も広いので、お手入れもしやすいのが特徴です。

 

実際に登山に持って行って使ってみました

挽いた豆をペーパーの上に入れて、まずは全体にお湯を注ぎ蒸らします。お湯を多目にドリップポットに入れたので、一滴目は慎重に狙った真ん中辺りに落とします。

30秒ほど蒸らしてみました。コーヒーバネットもマグカップもシルバーなので、まとまってていい感じです。

蒸らしを終えたら、コーヒーをドリップしていきます。ゆっくり丁寧に注ぐのですが、写真のとおりお湯が細い線のように出て、非常に入れやすいです。

ペーパーのギリギリの場所よりも少し内側も狙ったように注げます。優しくゆっくり注いでいると、コーヒーのいい香りがして、嬉しくなります。

丁寧に丁寧に、数回に分けてお湯を注ぎドリップしていきます。

美味しいコーヒーが入りました!いつものケトルでドバッと入れていた時よりも倍くらいの時間が掛かりましたが、香り高い美味しいコーヒーを入れる事ができたので、とても満足な気分で山頂の景色を見ながら、ゆったりとコーヒータイムを楽しむ事が出来ました。

 

もちろん、家でもオシャレにドリップできる

シンプルなデザインなので、アウトドアだけでなく自宅でも普通に使えます。というか、元々アウトドア用のドリップポットではなく、アウトドアで使えそうなポットを選んだので当たり前ですが、シンプルって本当いい。どこでも使えます。

ドリップポットで入れたコーヒーは魔法でもかけたかのように、いつものコーヒーの味もさらに美味しくしてくれます。

 

ドリップポットまとめ

アウトドアで美味しいコーヒーを入れたいと、ハンドミルや、コーヒーバネット、チタンマグカップなどを購入して、そこそこ美味しいコーヒーを入れていましたが、何か足りないと思っていました。

アウトドアイベントのカフェブースで、大事に大事に入れている姿を見て、ドリップポットにたどり着きましたが、購入して良かったと思っています。

簡単に狙ったところへ優しく注げるので、最初は「おお〜っ」と自然に声が出ました。

山頂でのコーヒードリップは、特別な場所で飲むコーヒーを入れる儀式のようで、手間をかけてやるほど美味しく入れれるような気がします。

お湯を沸かして、豆を挽いて、バネットにペーパードリッパーを置いて、挽いた豆を入れ、お湯をドリップポットに入れて適温にして、豆を蒸らし、じっくりじっくり優しくドリップしていく。

こういう、めんどくさいけど、しっかり時間をかけて抽出した一杯を大自然のお気に入りの場所で楽しめるなんて、幸せですよね。

皆さんも、コーヒードリップを簡単にできるドリップポット。お持ちでない方は是非使ってみてください。

ゆっくり優しくドリップするのが大好きになる。そんなアイテムです。

次の記事は・・・

コーヒーが苦手な方や、コーヒーが苦手な同行者の方がいた場合でもお外でお茶しませんか?ということで、野点のご提案。お茶もいいですよ♪

あわせて読みたい
キャンプや登山で気軽にできる「野点」のススメ意外と簡単にできる「野点」実際に登山でやってみました。 野点(のだて)って、皆さんご存知でしょうか?野点とは簡単にいえば、野外で点てる...