Outdoor Press
Camp & Trekking
キャンプアイテム

ポケットストーブで失敗なく簡単にメスティン炊飯〜Lenzai ポケットストーブレビュー[PR]〜

固形燃料を使うならポケットストーブが便利でおすすめですよ!

メスティンで炊飯すると簡単に美味しいご飯が食べれることはご存知ですか?

メスティンとは、飯盒の英語でアウトドアの調理で使用するクッカーです。お米を炊くこと以外にも色々な調理ができるので、人気のアイテムです。

あわせて読みたい
メスティンで炊飯。蒸らしの時の冷め対策と100均固形燃料は使えるのか?メスティン炊飯の方法と問題点の解決 先日のキャンプでメスティンでの飯盒炊飯にチャレンジしましたが、エスビットの固形燃料がすぐになくなっ...

その美味しさに家庭でもメスティン炊飯をしている人もいるくらいです。しかし、メスティン炊飯ってなんだか難しそう?なんて思っている方も多いと思います。

でも心配いりませんよ。「固形燃料」を使えば誰でも簡単にメスティンを使って美味しいご飯を炊くことができます。その「固形燃料」を使うのに最適なのがこれからお話する「ポケットストーブ」です。

今回はamzonの出品者である「Lenzai」さんより商品のレビューの依頼を頂き、商品をご提供頂きました。実際にポケットストーブを使いメスティンで炊飯をし、美味しいご飯を炊くことができました。その様子も含めて詳しくご紹介します。

ポケットストーブとは?

固形燃料を使用するのに最適なポケットストーブについて簡単に説明しておきます。特徴としては非常にコンパクトで持ち運びしやすいです。上の写真が折りたたんだ一番コンパクトな状態で、ズボンやジャケットのポケットにも余裕で入る大きさです。

使い方も簡単で、本体を真ん中からパカッと開くだけ。本体が固形燃料を置いて燃焼させる燃焼室で開いた部分が鍋などを置くゴトクとなります。

エスビットから出ている固形燃料をポケットストーブ本体に収納して持ち運ぶことも可能なので、とにかく燃料もストーブもコンパクトに持ち運びたい!という方にはおすすめです。

created by Rinker
エスビット(Esbit)
¥437
(2019/09/17 12:22:49時点 Amazon調べ-詳細)

また、これだけコンパクトなので、万が一の備えとして登山時にザックに入れて置いても場所を取りません。ドイツやオーストリアの軍の主食のレーション(食料などの配給品)を温めるために使われていたことから、ミリタリーファンの方にもおなじみのストーブです。

メスティン炊飯に固形燃料がいいのはなぜ?

メスティン炊飯に固形燃料をおすすめする理由は、「火力」「時間」です。

まずは「火力」ですが、ガスストーブでメスティン炊飯をすることも可能です。しかし、難しいのが火力調整です。どのくらいの火力で何分くらい炊くのか?初めてメスティン炊飯する方や慣れていない方は、この火力調整に不安があるのではないでしょうか?

でも、固形燃料なら火力調整がそもそもできないので放置でOK。私も何回もメスティンでお米を炊いてますが、「固形燃料ってメスティン炊飯するためにあるんじゃないの?」というくらいちょうどいい火力なのです。(特に100円均一の固形燃料)

もう一つの「時間」ですが、メスティンでの炊飯時間はおよそ15〜20分(お米1合)です。固形燃料の燃焼時間は1個あたり20〜23分なので、1個で炊飯時間をカバーでき、忘れて放置しても時間が来れば自然に消火するので、焦げすぎて失敗することもほぼありません。

以上2つの点でメスティン炊飯に固形燃料がおすすめです。

ここまで固形燃料の良いところばかりを見てきましたが、弱点もあります。野外で使う際に、風により火力が安定しないこと。強風だと火が消えてしまうことがあります。

ガスストーブと違い、ローソクに火を灯しているような状況ですので、風の影響を受けやすく、風に弱いです。

でも、安心してください。今回ご紹介するLenzaiのポケットストーブはこの弱点の対策もバッチリなアイテムです。次の項目で詳しくご紹介します。

今回ご紹介するポケットストーブとは?

先ほどからのポケットストーブの写真としてあげているのが、今回のご紹介するLenzaiのポケットストーブです。某有名メーカーのものとほぼ同じです。

このポケットストーブ、前の項目でお話した風対策として、ウインドスクリーン(風除板)がセットになっています。今までポケットストーブとウインドスクリーンを別々に購入していましたが、これから購入される方はこのLenzaiのポケットストーブとウインドスクリーンのセットは価格も安いのでおすすめです。

セット内容です。amazonでのユーザーのレビューを見ていると、「本体にキズが付いていた」というレビューがあったのですが、写真のようにキズ防止用のフィルムが貼られており、本体にキズなどはありませんでした。ユーザーのレビューを受けて対策されたのでしょうね。

また、ポケットストーブとウインドスクリーンを一緒に収納できる収納袋も付属しています。あとは固形燃料を携帯すればすぐに使え、非常にコンパクトに持ち運ぶことができます。

本体側面にあるリベットに潰れや変形は見られません。

裏面にもキズやヘコミなどもなく綺麗な状態です。先ほどの側面のリベットはゴトク部分の開閉の軸となります。そのリベットより内側に2箇所丸い出っ張りがありますが、内側の底面にも同じ出っ張りがあり、折りたたんだ状態で軽くロックされます。

ゴトク部分を展開した状態。大きな鍋を使うときはこの状態で使用します。高さがないので大きな鍋でも安定して調理することができます。開閉は少し動きが硬いですが、思いっきり力を込めないといけない訳でもなく、女性の方でも問題ないと思います。

小さな鍋を使うときは、ゴトク部分を上の写真のように傾けることで対応することが可能です。ゴトクがこの状態でもしっかりと鍋をさせることができます。

ウインドスクリーンは他の一般的な製品と変わりません。高さもあり、しっかり風を遮ってくれます。Lenzaiのポケットストーブで9枚板の風除板が付いたセットが、今回ご紹介している10枚板のセットより少し安い価格で販売されていますが、私個人的には使用用途で判断していただければ良いかな?と思います。


モンベルのアルパインフライパン20を使っても、まだまだ余裕があります。 

その使用用途ですが、登山のみの使用でコンパクトな調理具しか使用しないのであれば、少しでも軽量な9枚板のセットを選んでもいいですし、私のように登山だけでなくキャンプでも使用するというのであれば、少し大きな鍋を使うことがあります。そのときは少しでも大きな10枚板を選んだ方が良いです。

上の写真では少しわかりにくいかと思いますが、ウインドスクリーンの切断面に少しバリがありますので注意が必要です。ここは特に品質がとうのこうのという訳ではなく、仕方がないのかな?と思います。メスティンでも購入時にバリ取りをするので、私的にはさほど気になることでありませんが、初めての方なら怪我をする原因にもなるので注意してください。紙やすりなどでバリは簡単に取ることができますので、使用前に処理しておきましょう。

実際にLenzaiのポケットストーブとウインドスクリーンでメスティン炊飯をしてみました。

到着した製品は前の項目でご紹介した通り、きれいな製品が到着しましたが、実際に使って見ないとどういう不具合があるのかわからないので、低山登山で持参しメスティン炊飯をして見ました。

せっかくのメスティン炊飯なので、お味噌汁やら鯖缶などで朝食とします。お米は前の日から1合分を水につけて十分に水を吸わせておいたものをザルで簡単に水気を切り、ジップロックに入れて持参しました。

お米をメスティンに入れ、水を入れます。水の量はお米1合に対してメスティンのリベットの真ん中の高さまでというのが一般的なのですが、私は少し硬めが好きなのでリベットにかかるかかからないかくらいの量の水を入れて炊飯します。

ウインドスクリーンを風向きをみながら設置します。その真ん中にポケットストーブと100円均一の固形燃料をセットします。

ウインドスクリーンは風が強い場合や地面が平坦でない場合など、不安定で倒れやすいです。そんなときは、ウインドスクリーンの両サイドのピンを地面に突き刺して固定すると安定して使用することができます。

固形燃料に着火しお米と水を入れたメスティンを置いて、あとはほぼ放置です。

メスティンにぴったりなサイズだと思いませんか?グラグラすることもなく安定しているので、炊きあがりまでお味噌汁のお湯を沸かしたり、鯖缶を温めたりとメスティンを放置しても安心でした。

水が沸騰すると、メスティンの蓋が浮いて外れそうになるので、蓋に重石を置いておくことは忘れないようにしてくださいね。

着火からおよそ20分ほどで炊きあがり、その後メスティンを逆さまにして蒸らします。この通り、美味しく炊きあがりました!本当にメスティン炊飯は簡単です。

メスティン炊飯使用後のポケットストーブです。固形燃料の火力はそれほど強くないのと、ウインドスクリーンで風を遮っていたため、本体に焦げなどはありません。熱による変形も見当たりませんので、次回も問題なく使用することができます。

製品に対する質問について

購入を考えている方が製品に対していくつか質問をされていましたので、実際に使用した私の意見をまとめておきます。あくまで個人的主観ですが、参考になればありがたいです。

質問者
質問者
ポケットストーブのサイズと重量はどれくらいですか?
ナオ
ナオ
収納時のサイズで幅9.5cm縦7.5cm高さ2cmで重さはおよそ100gです。タバコとほぼ同じくらいのサイズです。コンパクトですよ。
質問者
質問者
屋内使用は厳禁ですか?
ナオ
ナオ
屋内でも使用できますよ!ホテルや旅館などの夕食に一人用の小鍋が固形燃料で温められて出てくると思いますが、同じように使えます。ただし、ポケットストーブをテーブルに直接置くと、熱くなったり焦げたりする恐れがあるので、コルクの鍋敷きを敷いてその上にポケットストーブを置いて使うといいですよ。
質問者
質問者
水洗いしても大丈夫でしょうか?
ナオ
ナオ
もちろん大丈夫ですが、洗ったあとはしっかり水気を切って保管しましょう。リベットの部分が錆びると動きが悪くなります。水洗いするほど汚れることはあまりないと思いますが、私は片付ける際に、除菌ウエットティッシュで拭いて収納しています。これだけで十分ですよ。
質問者
質問者
ミニ焚き火台として使えますか?
ナオ
ナオ
販売者の方は、ミニ焚き火台としても使えると紹介していますが、私はミニ焚き火台として使うのは避けたいと思っています。なぜなら、固形燃料の火力と比べて、焚き火の火力は強いので、ポケットストーブが熱により変形してしまう恐れが考えられます。ポケットストーブを長く調理用バーナーとして使いたいのであれば、ミニ焚き火台として使うことはオススメしません。例外として、山で遭難した時に固形燃料がなくなり、枝などで火を焚いて調理をする場合には使えると思います。

ミニ焚き火台も最近では安価なものが出てきていますので、専用の物を使っていただくのが良いと思います。

まとめ

今回は、Lenzaiのポケットストーブとウインドスクリーンのセットをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?もう一度、簡単におさらいしたいと思います。

メスティン炊飯をするのに、便利なのが「固形燃料」。その固形燃料を使うのに、ポケットストーブが適しています。

なぜ「固形燃料」がメスティン炊飯に適しているかと言うと、火力と時間の調整が必要ないから。固形燃料はそもそも火力調整できないし、固形燃料の燃焼時間が炊飯時間とほぼ同じなので失敗することがほぼなく、誰にでも簡単に美味しいご飯が炊けるので、固形燃料が簡単でおすすめなのです。

固形燃料の弱点は風の影響を受けやすく、風が強いと扱いにくい。

固形燃料はローソクに火を灯しているような感じなので、ガス火と違い風の影響を受けやすく、強い風では火が消えてしまう事もあります。

固形燃料の弱点に配慮したのが、Lenzaiのポケットストーブとウインドスクリーンのセットです。セットなのに安価で、問題なくメスティン炊飯をすることができます。

固形燃料を使うポケットストーブだけでは、風のある時に使いづらいので、ウインドスクリーンとセットになっているのは、別々に購入する手間も省けてありがたいです。付属の収納袋にポケットストーブとウインドスクリーンを入れて持ち運べて便利です。

実際にメスティン炊飯をしましたが、問題なく美味しいお米が炊けて、使用後の不具合もありませんでした。

そして、このセットがなんと1,000円代前半で購入できると言うのが驚きですね。

ポケットストーブは非常にコンパクト。エスビットの固形燃料なら本体に収納可能。万が一の備えとして携帯しても場所をとりません。

ポケットストーブの大きさは、タバコくらいの大きさで重さはおよそ100gと軽量コンパクトです。万が一の備えとしてザックに入れて置いても場所を取ることがありません。ガスストーブのガスカートリッジ切れの時の代替として使うことができ安心です。

おすすめしたい一番の理由は、メスティン炊飯に固形燃料を使うのが簡単で失敗しにくいということ。

ただし固形燃料は風の影響を受けやすいので、ウインドスクリーンがセットになっていて、しかも安価なLenzaiのポケットストーブはおすすめできるアイテムです。まだポケットストーブをお持ちでない方は、ぜひ使ってみてくださいね。

ナオ
ナオ
アウトドアアイテムの中でも、安全性を問わないアイテムはなるべく安く購入したいですよね。今回のLenzaiのポケットストーブは1,000円代なのにウインドスクリーン付きでお得です。メスティンを購入したら、ポケットストーブもお忘れなく。