Outdoor Press
Camp & Trekking
キャンプアイテム

今年の夏は進化したポップアップテントのクイックアップドームで簡単・快適なキャンプを。

テントをメインとした展示会の一角に、購買意欲をそそる、ソロ〜2人用テントを発見したのでお伝えしたい。

あわせて読みたい
豊富なアイテムを扱う、スポーツオーソリティの西日本最大級の大型展示イベントレポート 豊富なアイテムを扱うスポーツオーソリティの展示会の模様をレポート 私用でバタバタし、UPするのが遅くなってしまった。2月17日に兵...

そのテントはコールマンのクイックアップドームというテントで、2018の新商品である。私はソロキャンプ用に同社のツーリングドーム/STという1人用ドームテントを愛用しているが、惹かれる要素が満載のクイックアップドームを追加で購入しようとし、財布の中身を確認してしまった。幸い購入できるギリギリの金額しか入っておらず、思いとどまることができた。カード決済しないように足早に会場を立ち去ったが、この記事を書いている今でも、正直欲しい。今回はそんな魅力溢れるクイックアップドームについてお伝えします。

 

実はポップアップテントである。

外見は登山用の山岳テントのようなデザインなのに、価格が異様に安い。びっくりした私は、コールマンの方に「これ山用ですか?」と聞いたくらいで、スタッフさんが「実は、ポップアップテントなんです。」と言われるまで全く気づかなかった。ポップアップテントといえば、アウトドアフェスタなどのイベントでよく見る、簡易的なテントしかイメージにない私には「本当に?」となかなか信じれなかった。

収納状態を尋ねると、スタッフさんがパッケージを見せてくれた。ピザの箱のようだ。ポップアップテントならではの円盤型の収納袋が付属している。

「ポップアップテントなら、設営するのに5分くらい?」の私の問いに、「5分もかからないですよ。」とスタッフさん。設営が簡単なので、仕事終わりに、急に思い立ってキャンプ場に行っても、暗闇の中で簡単に設営できるのだそう。夏場のとても暑い時期のキャンプも汗をかきながらテントの設営をすることもなさそうだ。

もちろん、ポップアップのため、撤収もスムーズに終わる。設営はどうレイアウトしようとか色々考えてやるので楽しいのだが、撤収ほどキャンプの中でしんどいことはない。この撤収が楽になる事はありがたい。

 

シンプルでおしゃれなNEWカラー。

外観はオフホワイトにポイントカラーのレッドという、今までのコールマンにはないカラー。それが新鮮で、シンプルでかっこいい。テント自体の形も流線形で風にを強いイメージ。実際にこの日は風がすごく強い日だったが、何の問題もなかった。

ベンチレーション、コード引き出し口、ストームガード完備と充実。

 

ダークルームテクノロジー

初めて聞くが、この「DARK ROOM™️TECHNOLOGY」がこのクイックアップテントの魅力の一つ。ダークルームテクノロジーとは遮光性に優れた素材で、光を90%以上ブロックする。また、日光の透過を防ぐ事で、テント内の温度上昇を大きく抑えることができる素晴らしい技術である。夏の朝は日の出と同時にぐんぐん気温が上がり、暑くて汗をかいて不快感で目覚めることがあるが、それがなくなる。それも、「最大温度差13.5℃」というから驚き。この技術はアメリカのコールマンではすでに採用され商品になっているそうで、日本のコールマンでは初の採用とスタッフの方が教えてくれた。

実際に中に入ってみたが、確かに暗い。日中でも寝れそうな暗さでちょうどいい。朝方まで焚き火を楽しんで、そこから睡眠をとるのにもってこい。オールナイトで焚き火を楽しめる。

コールマンでは、「睡眠=涼眠」このことをコンセプトに作られたようだ。メーカーのこだわりを感じる部分であり、まだまだ先だがたくさんのユーザーがキャンプに行く、「ハイシーズン」にいかに快適に使えるか考えられていると感じた。

 

真っ暗だけではない工夫がいい。

ただ暑くなるから暗くひんやりなだけではない。このクイックアップドームは必要に応じて室内に光を取り込める、「クリアルーフウィンドウ」がある。

「これ、星が見えるんじゃないの?」とスタッフさんに聞いてしまったくらいで、ワクワクしてしまった。星を見るというよりは、天窓として光を取り入れる要素が大きいのだろうが、星が見えると嬉しいのだが・・・。

再度、中から写真を撮らせてもらったが、どうだろう?。外のタープがうっすら見えているが星を見ることはできるのだろうか?そこも購入して試してみたくなった。天窓として光を取りれる量もファスナーで調整できるのでこれはこれで非常に便利だ。

 

お手頃価格なのに耐水圧約3,000mm

クイックアップドーム/S+、1人用で10,778円(税込)です。主な仕様をまとめておきます。

・耐水圧:約:3,000mm(フロア:約1,500mm) ・定員:1人用 ・インナーサイズ:約210x120x100(h)cm ・収納時サイズ:約 直径60cm厚さ6cm ・重量:約3.5kg ・仕様:前室、ベンチレーション、コード引き出し口、ランタンハンガー、ストームガード、クリアルーフウインドウ ・付属品:ペグ、ロープ、収納ケース

クイックアップドーム/W+、2人用で15,984円(税込)です。こちらも主な仕様をまとめておきます。

・耐水圧:約:3,000mm(フロア:約1,500mm) ・定員:2人用 ・インナーサイズ:約210x180x110(h)cm ・収納時サイズ:約 直径68cm厚さ6cm ・重量:約3.9kg ・仕様:前室、ベンチレーション、コード引き出し口、ランタンハンガー、ストームガード、クリアルーフウインドウ ・付属品:ペグ、ロープ、収納ケース

耐水圧が3,000mmということはコールマンのウェザーマスターシリーズと同じなので、どんな天候でも安心して使うことができる。そんなテントが1万円台で手に入るのには、正直びっくりだ。ちなみに私の愛用のツーリングドームは耐水圧1,500mmなのにクイックアップドームより少し高い・・・。

 

クイックアップドームまとめ

色々と良いことばかり書き出したが、本当に良いことばかりのテントだと思う。しいて、欠点があるとすれば、ポップアップテントなのでバックパックに入れたりはできない。しかし、平たく収納できるので車に積む際に、苦労しなくてすむ。あとの欠点は現時点では見当たらないので、良い点をもう一度おさらいしておく。

・設営が簡単なポップアップテントである事。(5分もかからずに設営完了)

・撤収も簡単である事。

・シンプルでおしゃれなNEWカラー。

・ダークルームテクノロジーで、テント内の温度上昇を大きく抑えることができる。(最大温度差13.5℃)

・ダークルームテクノロジーで夏場の早朝に眩しさで起こされることがない。

・暗いだけではなく、クリアルーフウィンドウが天窓の役目をし、適度に光を取り入れることができる。

・クリアルーフウィンドウから星が見えるかもしれない・・・(個人的希望)

・良心的なプライス(1万円台)

サブに1個買っておいても損はないと思う。今年の夏はクイックアップドームで楽に快適にソロキャンプに行こうと思うので、近々手に入れる予定なので、星が見えるかどうか楽しみだ。

次の記事は

同じテントでも、ファミリー向けにオススメのテントがあります。あの憧れのメーカーのテントが良心的プライスで手に入れるチャンスです!

あわせて読みたい
スノーピークの新商品テントのヴォールトは設営も簡単!これからキャンプを始めたい人におすすめ! テントとタープがセットになったエントリーパックTTのテント「ヴォールト」が設営も簡単でこれからキャンプを始める方にぴったりです!...