Outdoor Press
Camp & Trekking
キャンプアイテム

目も紫外線のダメージを受けている事知ってますか?


アウトドアフリークの皆さんは、紫外線による目のダメージのケアをしていますか?

意外にも、今の時期(5月)が紫外線が強い季節だという事がニュースやネットなどで報じられて、皆さんも日焼け止めを塗ったりして、UVケアをされている事と思います。

アウトドアで大自然を満喫していると、普通に生活している以上に紫外線を浴びています。お肌は日焼け止めでガードできますが、お肌以外にも紫外線のダメージを受けているところがあります。

薬局に入って、日焼け止めを探しているときに、UV目薬というものを見つけました。その時に、目にも紫外線によってダメージを受けている事を初めて知りました。そこで今回は、紫外線のダメージを受けた目をケアする目薬について、お話したいと思います。

 

紫外線が及ぼす目への影響

角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、目の痛み・充血といった症状が起こることがあります。

さらにダメージを受け続けると蓄積されて、目の細胞を破壊してしまいます。これが白内障などの病気につながる恐れがあるそうです。

こういった病気を予防するには、目に紫外線が入らないようにする事が一番で、サングラスの着用やツバのある帽子の着用が効果的ですが、完全ではありませんし、サングラスや帽子を着用出来ないシーンも考えられます。

少なからず、目は紫外線のダメージを受けています。1年で一番紫外線の強いこの時期に、ダメージを受けた目のケアが必要です。今からでもケアしませんか?

 

紫外線のダメージを受けた目にはUVケア目薬を!

実際に購入してみました。近所の薬局では製薬会社2社からUVケア目薬が発売されていました。

今回はロート製薬のUVキュアを購入。

裏面には目に対する紫外線の影響について書かれています。

このUVキュアは3つの症状をケアしてくれます。

  1. 炎症をケア
  2. 充血をケア
  3. 疲れをケア

この3つの症状をケアするのは、6つの有効成分で炎症には「硫酸亜鉛水和物」。充血には「ナファゾリン塩酸塩」。疲れには「L-アスパラギン酸カリウム」「アミノエチルスルホン酸」「ビタミンB6」この3つの有効成分が新陳代謝を促進し、疲れ目を改善し「アオスチグミンメチル硫酸塩」がピント調節機能を改善して、疲れ目を改善します。

 

実際に点眼してみました

キャンプから帰ってくると、紫外線のせいか充血して疲れ目になっていたので点眼してみました。(GWに京都の京丹後にキャンプに行ってきました。)

あわせて読みたい
スイス村オートキャンプ場レポート...

一滴の量はそれほど多くなく、私は片目に2滴づつ点眼しました。刺激はそれほど強くなく、5段階の清涼感の下から2番目の清涼感とパッケージに記載がありました。

結構疲れていたのか、点眼してしばらくすると、ジーンとくるような感覚がありましたが、翌日には充血がとれていて、目の違和感もなかったので、毎晩、点眼してケアしたいと思います。

 

アウトドアやスポーツをされる方に是非使って頂きたい

目も紫外線によってダメージを受けています。肌が日焼けするように、目も日焼けします。私もよく腕が日焼けで真っ赤になり、お風呂に入るとしみたりする事があります。日焼けというより、かるく火傷なんじゃないの?と思うくらい、今の日差しは強いです。

そんな、腕も真っ赤にやけてしまうような紫外線が、目にもダメージを与えているとなると、ゾッとしませんか?

幸い、その目に対する紫外線のダメージをケアするUV目薬が薬局などで手に入るのです。そんなに高い物でもないので、自分の大切な目のケアに使って頂きたいと思います。

アウトドアだけでなく、スポーツをされる方にもおススメですよ。しっかりケアして、アウトドアにスポーツにこれからの日差しの強い季節でも楽しみましょう!

 

次の記事は・・・

日差しがきつくなってくると、次に注意したいのが「虫」。早くも蚊にさせていませんか?そんなあなたにぴったりの虫除けスプレーが見つかる記事です。

あわせて読みたい
アウトドアに最適な虫除けスプレーの選び方。[ad#add1] 虫除けスプレーって色々あるけど何が違うの?どう選べばいいの? GWも終わった5月の中旬ですが、早くも蚊に刺されて...